スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

VINO! VINO!! VINO!!!

また、一ヶ月も更新できませんでした。

ずっと忙し過ぎました。

その要因が以下の記述です。



昨年夏に、イタリアワインをもっと福岡のワイン好きな方に知ってもらいたいという思いで、


熱い思いに駆られた有志数名で、Gruppo VINOKAという組織を立ち上げ


一年弱練りに練ったイベントが、日曜日に開催されました。
P6200016_convert_20130620194850.jpg

今回のテーマは、イタリア全土20州のセレクトしたワインを私たちが自らお客様にお出しする事。



共感してもらった有志もどんどん増え、20店舗くらいになり、最初は月に一回の会議でしたが、


提供するワインの選択をした2月にはほぼ毎週会議やっていました。
528364_451077254980389_1150324095_n[1]_convert_20130620204609

お昼に、お酒も飲まずに真剣にやるメンバー

65638_462869407134507_1766527102_n[1]_convert_20130620204549


とにかく、初めての試みで、手探り状態だったのです。

昨年の、9月下旬大阪のワインイベントに有志5名で視察に行き色々参考にさせていただきました。
2012-09-23_13-13-51_154_convert_20130620201822.jpg

そのお返しに、今回4名も遊び来てくださり感謝しております。
P6160013_convert_20130620215039.jpg
前列男女4名が、大阪組  真ん中実行委員長と胸はだけ野郎(笑)



準備にとにかく時間をかけたので、結果的には、大成功でした。
1001339_470379913050123_747879341_n[1]_convert_20130620204649
こんな地味な作業も、黙々と   後ろには、出番待ちのワインが800本以上


シティリビング様に取材していただきました
2013-04-25_17-02-58_745_convert_20130620201856.jpg
実行委員長&副実行委員長



チケットも最初500枚刷っておりましたが、追加で100枚

先週の火曜日に集計したら、700近くになっていたので急遽チケット完売にしました。
945662_471542906267157_2102898445_n[1]_convert_20130620204629

迎えた当日、朝7時に搬入開始。  お約束で、数名遅刻  

P6160001_convert_20130620194317.jpg
会場に到着間際


ちょっとづつ様になってきましたね
P6160003_convert_20130620194340.jpg


おつまみの生ハムのスペシャリストO氏もお休みのところボアランティアで参加していただきました。
P6160004_convert_20130620194425.jpg
予想以上の売れ行きで、1本全部なくなりました。 お疲れ様でした( ^^) _U~~

P6160005_convert_20130620194502.jpg
様になってきましたね。


私の担当の中部ブース トスカーナ&ウンブリア
P6160008_convert_20130620194601.jpg
シニアソムリエの竹ちゃん


P6160007_convert_20130620194528.jpg
予備の白ワインの冷やしもOK


ガソリン用のシュワシュワお茶もスタンバイOK
P6160006_convert_20130620211318.jpg

イタリア人になりすまし、ワインのチェックに余念のない筆者
1012113_587986497900989_1048863241_n[1]_convert_20130620204709
スケスケの花柄プリントシャツにしてみました お約束の胸元開け


11時にオープン
1013815_473516539403127_1892519400_n[1]_convert_20130620204733


どんどんお客様入場
P6160012_convert_20130620194752.jpg


サービスで、6Lボトルのスプマンテもチケット一枚で試飲できました。 熟成して超うまかったです
P6160011_convert_20130620194705.jpg


元ソムリエ協会北九州支部長松本誠氏の高級ワイン有料試飲ブースも即完売の大盛況
P6160010_convert_20130620194629.jpg


3時くらいがピ-クでした
996173_508629815857949_484062475_n[1]_convert_20130620212733
押すな押すな  

しかし、これだけ多くても大きいトラブルもなく無事終了できました。


片づけ
P6160015_convert_20130620194823.jpg


この時間、私は酔い酔いモードで常連さんと話し込み顰蹙かいましたm(__)m



本日、反省会をやりまして、次年度に向けてスタートしました。


お越しくださいましたお客様、お手伝いくださったり、ワインを提供してくださったインポーターの

皆様、本当にありがとうございました。


皆様の期待に応えるべく、福岡のイタリアーニ頑張ります。
スポンサーサイト
[ 2013/06/23 10:21 ] 酒勉強 | TB(0) | CM(0)

日本酒のお勉強Vol.2

喜多屋蔵開きから戻り、営業へ

ぐっすり寝たので、調子良く夜の営業できました。

まぁ、ほとんど喜多屋帰りの常連さんばかりでしたが。。。

翌3月4日(月)ソムリエ協会北九州支部第一回例会

お題は「日本酒」

講師は、氏


わかりやすい、教本
P3040007_convert_20130327173918.jpg


米の磨き比べ(精米具合)
P3040009_convert_20130327174019.jpg
P3040008_convert_20130327173948.jpg
35%は、ほんとうに中心部分だけですね。


詳しく日本酒についてお話伺い試飲へ
P3040010_convert_20130327174046.jpg

いろいろな、味わいの6種類。


前日は、実戦。 この日は、卓学。 逆だったらもっと喜多屋さん楽しめたのに。。。 残念(>_<)



もともと日本酒好きですが、あまり飲めなかったので、これから少しづつ勉強していきたいと思います。


[ 2013/04/04 01:40 ] 酒勉強 | TB(0) | CM(0)

日本酒のお勉強Vol.1

皆様お忘れかもしれませんが、一応日本ソムリエ協会認定ソムリエでございます。

協会の副会長で、世界ソムリエ協会会長の田崎真也氏が、「日本人なら日本の酒もっと勉強せろ」
とおっしゃるので、2日間お勉強して参りました。


一日目、3月3日の雛祭り八女の「喜多屋」の蔵開きへ

常連さんが、声掛けて毎年ツアー組んでバス貸切で出陣します。

私は、去年から参加で2回目。

スタッフ浦塚と常連さん三名、チームBASSOは5名で参加。

P3030001_convert_20130327173424.jpg
大人のバス遠足心が躍りますね。

しかし、この席に着くまで苦労しました。

夜、営業するため、普通にバイクで通勤しましたが、サイドカバーすっ飛んで回収に時間がかかり

店から待ち合わせの薬院駅まで、自転車飛ばしてゼェゼェ言いながら到着しました。

10時待ち合わせの時間になんとか滑り込みセーフでした。

P3030002_convert_20130327173605.jpg
1時間くらいで無事到着

天気良くて今年はすごい人でした。昨年は、霧雨模様でそんなに混んでなかった。
P3030003_convert_20130327173712.jpg

巨大な杉玉
P3030004_convert_20130327173759.jpg



去年、当てられなかったきき当て会場へ
P3030005_convert_20130327173826.jpg

今年こそはと思いましたが、なんか調子悪い全然わかりません状態

結果は当然ダメダメでした。 

皆様慣れているので、ブルーシート敷いて自作や買ってきたつまみ広げてぐびぐび

私は、シシャモの燻製差し入れ  撃沈寸前で、映像無し

後は、45分並んで空くじなしのくじ引きしましたが10回引いてまさかの、全部末当


なぜか、体調悪くあまり飲んでもないのに泥酔して撃沈

酔い覚ましに散策したら、懐かし風景
P3030006_convert_20130327173849.jpg
タイルの門構えと「美容室あけみ」

この後、バスに戻って爆睡して、いつ出発したかもわからず高速降りたくらいで起きました。

酒抜けて、めでたく夜の営業に臨めました。


う~うん  この日は、あんまり勉強にならなかったかも。。。

しかし、これだけ大勢の方が美味しそうに日本酒飲んでる姿見ると毎年うれしく思います。


二日目は、卓上でちゃんと勉強しました


 つづく



[ 2013/03/28 04:00 ] 酒勉強 | TB(0) | CM(0)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。